喉の骨

叩きつけるはキーと衝動。はたまた煽るは他人とコーヒー。そして進むは横のツマミと世界と自分。

何度でも繰り返す挨拶。

私はたぶん3人目だと思うから。  ― 綾波レイ

何回この挨拶をブログ冒頭に書くかは分からないが、とうとう縛りを無くして何でもかんでも書く、いや記録する方向でブログをやる事にした。
ネットの海に何かしら自分の記録を残しておきたいなぁと思った訳で。

カテゴリ分けすら考えてない。そして、人に見せるというブログとしての本来の在り方にかける力は今の所無いに等しい。今の所は。
己の思うがままに書いてく。そんなブログ。

そして、いざ書くとなると書こうと思考を張り巡らせていた網が脳ミソから溶けていた。よくある事だ。

ここまで読んでくれた方、そんなこんなでどうか宜しく。